京王新線初台駅

文化的で庶民的、都心近くなのに静か。

文化的で庶民的、都心近くなのに静か。
緑も多く利便性も豊かな街初台駅は、京王新線で新宿から2分の隣駅。渋谷、中野方面へ路線バスが運行され、東京都庁までは徒歩15分、新宿駅周辺へも歩いて行くことができる。甲州街道をはさんで南側には、緑が多く桜がきれいな遊歩道があり幡ヶ谷まで続いている。初台商盛会商店街もあり、毎年9月には阿波踊りが行われ盛り上がる。また、代々木公園も徒歩20分で行くことができる。

甲州街道の北側には東京オペラシティ、新国立劇場がある。オペラシティではランチタイムコンサートが無料で行われたり、4階のICCオープン・スペースでは、入場無料でアート&サイエンスに触れることができる。地下の広場ではいろいろなパフォーマンスが行われたり、飲食店も多く、家族で楽しめる場所だ。少し先には下町っぽい不動通り商店街があり、地元の人でにぎわう。甲州街道や山手通りから一歩入ると、静かな住宅街。いろいろな顔をもつ街だ。

初台の概要

初台(はつだい)は、東京都渋谷区の地名。現行行政地名は初台一丁目および同二丁目。住居表示実施済み区域である。当地域の人口は 7,367人。郵便番号は、151-0061。代々幡地域内である。

東京都渋谷区の北部に位置し、町域北端の一部は新宿区(西新宿)との区境にあたる。町域の北部は甲州街道を境に渋谷区本町に、東部は山手通りを境に渋谷区代々木に接している。町域の西から南西にかけては渋谷区西原に接し、南端は渋谷区元代々木町に接する。
地域内の多くは、住宅街である。また、甲州街道沿いを中心とした駅周辺はオフィスビルも多い。